としやの Blog

単なる日記です。子どもたちが大きくなったら読み返す予定。

次男、ひらがなを練習中

スポンサーリンク

次男(3歳8ヶ月)、ひらがなの音読を練習中です。どちらかと言えば、体力派。
体力派じゃない長男はいつの間にか読めるようになっていました。*1
子どもが3人もいると寝る前の読み聞かせは十分にしてあげられません。
なので、次男は入浴中のお風呂ポスターで。
 
少し前までは「かず」の音読をお風呂でしていました。
濡らすと壁に貼れるおもちゃです。

f:id:fakeplastictrees:20160312010142j:plain

かずは「10」までが長かったです。
「いーち、にー、さーん、しー、ごー、・・・」
指を立てながら読むんです。そして両手を使い始めるとと”6”がどうしても跳んでました。
なぜか「ごー」の続きは「じゅーいち、じゅーにー」になっていました。
(6の前に11って。5進数かよ!って思いましたが、誰かに言うのはアレなのでここだけにします)
結局はありがちですが、違うきっかけで覚えました。
トッキュウジャーの7号まで出てくる映画があるんですけど、「トッキュウ1ごう、2ごう、・・・、6ごう、7ごう」って言う変身シーンを真似しているうちに。

いまは30ぐらいまでは言えるようになりました。

 
そんなに頻繁じゃないけど、かるたをする時もあります。
僕が読み札を読んで、次男が絵札をとります。

f:id:fakeplastictrees:20160312010338j:plain

とれるんですけど、これ、ひらがなを見てないんですよね。
自分が好きなドラえもんの絵を覚えていますから。
 
 
それじゃ全然読めないかといえば、長男のひらがなとか、自分のひらがなは、よく見るせいか読めます。
来月くらいのこどもちゃれんじで、ひらがな教材が来ますし、
いまは「あ、い、う、え、お」って1列ずつ読むていどの練習です。
「ありさんの”あ”から始まる、あ・い・う・え・お」っ感じで促します。
 
あ行、か行、すらすらいけます。
さ行、た行、ヒントをもらいながら読んでます。
は行、、すらすらと「はーひーふーへーほー」。
ま行以降、ヒントをもらいながら。。。
 
は行が可愛いということを記したかっただけです…
アンパンマン ふわりんスマイルぬいぐるみS Plus ばいきんまん

アンパンマン ふわりんスマイルぬいぐるみS Plus ばいきんまん

 

 

*1:その子の性質だろうけど、ひとり目なので絵本の読み聞かせの、たまものじゃないかと。