読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

としやの Blog

単なる日記です。子どもたちが大きくなったら読み返す予定。

七五三で神社参り

家族 家族-長男 家族-次男

スポンサーリンク

長男5歳と次男3歳の七五三、神社参りへ行ってきました。
 
写真前撮りは8月に済ませていましたが、お出かけ用の着物を借りて出かけました。
スタジオでの着付けは、11月も迫ってるせいか撮影も多いみたいで、ずいぶんと混みあっていました。
 
行ったのは高松の「石清尾八幡宮」です。
境内は峰山の裾にあって、山の傾斜に沿って拝殿や本殿が建ってました。
奥に向かって階段を登って行きました。

f:id:fakeplastictrees:20151030005212j:plain

着物を来た彼らはどこかはにかみながらも凛々しくも見えました。
次男は慣れない草履に大苦戦で、階段では何度も脱げてしまいました。
結局だっこで階段を登ることに。(三男を抱っこひもした状態で、笑)
とても重たくて、こんなところでも成長を感じることができました、はい。

f:id:fakeplastictrees:20151030005243j:plain

社務所で祈祷の申し込みをすると、申込済みのもう一組といっしょにすぐに祈祷をしてもらえました。
11月になると混むと思いますので、空いててよかったです。
祈祷料は1人だと5,000円。2人で9,000円だったのですが、神事だから奇数にこだわるのかなぁとふと思いました。
(単なる割引の可能性も多分にありますよね。)
 
上拝殿も少し高い所にあって、階段(3,40段ぐらいかな)で行く必要がありました。
拝殿の中には、椅子が二列にあって、一度に30人ぐらいは座れるようになってました。
常識的に撮影はダメな気がしたのでしませんでした。
でもホームページには祈祷中にも御神前さえ写らなければ写真を撮っても良い、とあるのを後で見て知ったのでもっと予習をしておけばよかったです。。
祈祷に際して、お兄ちゃんはそつなくこなしてやっぱり成長してるんだなぁって感じました。
次男はお祓いをしてもらう時になぜだか笑い出しそうになってて、なかなかヒヤリとさせてもらいました(笑)
 

f:id:fakeplastictrees:20151030005349j:plain

境内の前を流れる川がそこだけ広く”お堀”みたいになってたんですが、そこには小魚や鯉が泳いでいました。
お祓い後にそれを見てはしゃぐ彼らの後ろ姿。

f:id:fakeplastictrees:20151030005418j:plain

長男「あ、コイ!アメンボもいる~」
次男「え?どこどこ?」

f:id:fakeplastictrees:20151030005439j:plain

ふとした瞬間に成長を感じたり、やっぱりまだまだ子どもだなぁってなったり。
ただ元気に生きてることに感謝しつつ、将来の成長を欲張りに願っています。
 

f:id:fakeplastictrees:20151030005506j:plain