読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

としやの Blog

単なる日記です。子どもたちが大きくなったら読み返す予定。

はじめてのボウリング

家族 家族-長男 家族-次男

スポンサーリンク

これもお盆休みのできごと。

長男、次男にとって生まれて初めてのボウリングに行きました。

f:id:fakeplastictrees:20150822001848j:plain

僕と妻はやったことがあるってレベルで、まぐれのストライクが出ればもうけものだねって感じです。

なんとか真ん中付近には投げれますが、曲がるような軌跡はできません。

曲がったほうがミキシング効果ってのがあってピンが倒れやすいそうです。(受け売り)

 

僕たちのことはさておき、長男と次男のボウリング初体験です。

f:id:fakeplastictrees:20150822002802j:plain

3歳と5歳に合うレンタルシューズもきちんとありました。

 

ガター防止のバーはもちろん出してもらいました。

 

長男は、、

f:id:fakeplastictrees:20150822004310j:plain

「とりゃ~~~」と掛け声は一人前。

 

球速は、予想通りノロノロです。

そりゃそんなもんじゃないかな。

あまりにも遅すぎて途中で止まってしまったぐらい。

(係員のお兄さんが取ってくれました)

ボールを離すのを、体の前まで保つのが難しいみたいで、体の横で着地。

そこからなんとか押して、、ひゅろひょろ~って転がるって感じでした。

 

でも倒れるピンが何本であろうと、楽しそうにしていました。

f:id:fakeplastictrees:20150822003505j:plain

 

 

ボールを両手で持つので精いっぱいの次男は「滑り台」を使っての投球。

f:id:fakeplastictrees:20150822004404j:plain

こんな(子どもにとって)便利なものがあるとは知りませんでした。

f:id:fakeplastictrees:20150822004738j:plain

転がる方向は滑り台の向き次第なので親の責任ですが、

子どもが滑らすだけで、勢い良くころがってくれます。

次男も楽しいみたいで、ずっとはしゃいでいました。。。

 

そう、、とても楽しく遊んでたんですけど、7フレームぐらいの時にはしゃぎすぎて

親の静止も聞かずに、レーンの中に入ってしまいました。。

オイルの塗られたレーンに入ったので、やっぱり滑って転んでしまいました。

そこからは泣いてしまい、気分も落ち込んでゲームを放棄です。

(長男が代わりに投げました)

 

 

最後に普段しないゲームをしてなんとか機嫌が直りました。

f:id:fakeplastictrees:20150822005743j:plain

アンパンマンドラえもんの偉大さをまた実感しました)

 

帰宅してからの感想はふたりとも「たのしかった!」とのこと。よかった!

また香川のゴールドタワーにでも連れて行ってあげたいものです。