としやの Blog

単なる日記です。子どもたちが大きくなったら読み返す予定。

[日記]三男が誕生しました

スポンサーリンク

第3子である三男が無事に産まれました。

助産院でのお産に家族で立ち会うことができました。

父(僕)の場合

前日に39週を迎え、さらに新月も重なり、そろそろかもねと夫婦でも話していました。

(11:45)

LINEで知らせを受けたのは、お昼の少し前のことでした。

「けっこう痛みがくる感じなので、できるなら子どもたちを迎えて帰ってきてくれる?」

僕がいなければいけない仕事が終わるのを待ってたかのようなタイミングでした。

すぐに退社して保育園に迎えに行きました。

(12:14)

その途中でも「今どのあたりかな?」ってLINEが来たりして、いよいよ近いのだなと思いながらも慎重に、だけど急いで家路に急ぎました。

(12:27)

帰宅したらもう出発する準備を済ましてもう一台の車に乗ってた、妻と合流して助産院へと向かいました。

陣痛はすでに3分ぐらいの周期に。携帯の画面はストップウォッチ。

(12:45)

車を飛ばしたわけではないけど、思ったより早く助産院に到着。

カーテンを閉めてあらかじめ暗くされ少しだけダウンライトを付けた部屋に。

いつもの居室(兼、分娩する部屋)ではなく、病後児保育用の託児室(おもちゃがいっぱい)でした。

居室は満床で、しかも妻を含めてなんと3人が同時にお産に入っているとのことでした。

妻は診察室へ。僕は平静を意識しながら、三脚とビデオのセッティングを。

f:id:fakeplastictrees:20150323235254j:plain

子どもたちはまだ実感もなく、周りにあるオモチャで遊んで楽しそう。

(13:05)

診察室から戻ってきた妻の表情はまだ普段通りな感じもしてたけど、妻の一言を聞いてかなり驚きました。

「(子宮口は)もう8~9cm開いてるって」

ほんとうに近いのだとあらためて思って、長男次男の時を思い出したりもしてました。

(13:12)

ふとんに横たわり、楽な姿勢を取り始めました。

f:id:fakeplastictrees:20150323235325j:plain

体を横向きにしたり、片足を上げて助産師さんにあずけたり。

(長男、次男の時は、僕が妻の後ろに入り、背もたれのような役で体を支えていました。)

そこからは周期的に来る流れに任せて、助産師さんの誘導でお産へ。

途中からは僕が妻の手を握って、ただただ受け止めるだけでした。

(13:46)

途中何度も何度も来る”いきみ”を逃したり、そのままでいいよと言われたりしながら、妻は頑張りました。僕は力強く握る手を感じながら、ただ握り返すだけでした。

赤ん坊の頭が全部出てきて、助産師さんに取り上げられた子は、そのまま妻のお腹の上へ。

思わず股間をまさぐって性別を確認していました。

「ついてる。男の子や~。よく来たね~」

f:id:fakeplastictrees:20150323235338j:plain

僕は以前にも感じた言葉にならない感情になっていました。

着いてから1時間という時間で言えば、とても軽いお産といった印象かもしれません。

それでも僕は出産という誰でも体験する当たり前のようで特別な出来事に心が動かされて、妻と新しい子が無事で元気に乗り越えてくれたことに感謝しました。 

長男(5歳)の場合 

前もって赤ちゃんのことについて言い聞かせていたつもりでした。

「『おかあさん、がんばって』って言ってね」

 

助産院に来てすぐは遊んでいましたが「始まるからおいで」って伝えてからは妻の横に座り真剣な眼差しで見ていたと思います。

時々思い出したように「おかあさん、がんばって」と繰り返していました。

妻の手を握る僕の代わりに、急遽デジカメを渡して撮るように託してみたんですが、期待に応えようとしてくれ、一生懸命に撮ろうとしてくれました。

ほとんどが手ブレでしたが、頑張ってくれました。

f:id:fakeplastictrees:20150323235410j:plain

やがて本格的にお産になったら、感じるものがあったのか分かりませんが、カメラのことは忘れて妻の様子をじっと見てたようです。

 

産まれた赤ちゃんを見る目も優しくて、とてもお兄ちゃんらしく見えました。

言い振りは置いておいて「おかあさん、よくがんばったね」と何度も妻に声をかけていました。

(若干、上から目線な言い方なので、妻と僕は思わず笑ってしまいました)

次男(2歳)の場合

次男が産まれた時の長男の時期と近いのですが、今回は場所が悪かったようです。

おもちゃがいっぱいの部屋で2歳児がその誘惑に負けずに、お産と向き合うのは無理でした(笑)

まぁ実際、年齢的にまだ早いと思います。

いろんなオモチャを取っ替え引っ替え、とにかくよく遊んでいました。

 

妻は横向きに寝てたので気付いてなかったですが、個人的にツボだったのはこの絵面です。

f:id:fakeplastictrees:20150323235446j:plain

お産に向き合う僕らを横目に背後で木馬にいそしむ次男。

思わず吹き出しそうになったのを耐えました(笑)

でもきっと次男はこれで良かったのです。

よく来てくれたね、これからよろしく。 

三男は今までで一番大きくて3000グラムを超えました。 

f:id:fakeplastictrees:20150323235533j:plain

髪も多くて、指も長くて、体重なりに顔つきもしっかりしてると思います。

f:id:fakeplastictrees:20150323235540j:plain

家族5人で仲良くしていきましょう。 (男ばかりですが)