読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

としやの Blog

単なる日記です。子どもたちが大きくなったら読み返す予定。

[日記]観覧車と望遠鏡(長男4歳)

スポンサーリンク

高速道路で神戸から淡路島へ渡るとすぐにあるのは淡路サービスエリア。

そこには「大観覧車」があって、明石海峡大橋の上からでも充分見えるぐらい大きい観覧車です。

JB本四高速:淡路SA大観覧車

夜はライトアップされていて橋も観覧車もとても綺麗です。(残念ながら運転している時はゆっくり観る余裕はないですけど)

お葬式の後、香川に帰る途中に休憩でサービスエリアに寄りました。いつもだと横目にただ通り過ぎるだけだったり、夜中で営業時間外だったりするんですけど、今回はまだ昼間でした。

そしてそんな時に限って、さっきまで寝てたはずなのにバッチリ目を覚まして、乗りたい乗りたいと熱望してくるんですね(笑)

僕はどうにか、すっとぼけてやり過ごしてたんですけど、妻の一言で長男の希望が許可されました。

乗る前にはしゃいでいた長男は「青がいいかなー。オレンジもあるし、白もある」って興奮気味に話していました。

ちなみに白は”シースルーゴンドラ” なので高所恐怖症の僕が全力で反対しましたw

淡路SA大観覧車「シースルーゴンドラ登場」 | トピックス | はしやすめ

大観覧車

f:id:fakeplastictrees:20141209000302j:plain

料金は三歳以上1人600円。一回りが12分でした。

長男は、(明石海峡大橋)橋が見える、船も見えるって言ったり、一番高い所で興奮したり、終始楽しそうでした。 

f:id:fakeplastictrees:20141209000429j:plain

f:id:fakeplastictrees:20141209000447j:plain

1人で片側に乗っていました。

 

f:id:fakeplastictrees:20141209000626j:plain

長男の相棒はぬいぐるみの「わたる」でしたw

何台か毎にアンパンマンとかのぬいぐるみが乗せられていました。

 

f:id:fakeplastictrees:20141209000510j:plain

明石海峡大橋の全景と神戸の街が見えた。

 

次男は僕の膝の上。

あまり動きたくない僕(ヘタレ)は、次男の撮影をiPhoneの自分側カメラで。

f:id:fakeplastictrees:20141209000857j:plain

iPhoneの)画面に映った自分を見て次男は、はにかんでいた(笑)

 

望遠鏡

観覧車を降りて「お父さん、なにアレ?」って長男が指差したのは、観光地によくある百円を入れて見る望遠鏡でした。

説明をしてあげると、すぐにしたいー、ってまたも熱望されました。

f:id:fakeplastictrees:20141209001855j:plain

最初自分でしたら(やっぱり)空しか見えずに何も見えないって言ってた。

 

調整してあげたら、街と海が見えたみたいです。

f:id:fakeplastictrees:20141209002359j:plain

望遠鏡もとても楽しそうにしていました。ワンコインたった90秒の体験でしたけど、よほど楽しかったのか家に帰った後でも「観覧車と、あーあのアレ(望遠鏡)、楽しかった!」って伝えてくれました。

 

土曜日午前中にお遊戯会を熱演したと思えば、車にしばられお通夜に参加させられ、、そこでは静かにしろと言われ、、次の日もとにかく静かにしろと言われながら葬儀に参加させられ、、ばぁばとじぃじに甘える暇もなく香川にすぐ帰る、、、

まだ事を理解できかねない子どもからすれば、とてもストレスを感じた週末だったかもしれないです。

少しだけだけど、希望をきいてあげれてよかったのかなぁって思ったり。