読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

としやの Blog

単なる日記です。子どもたちが大きくなったら読み返す予定。

[日記]エレクトーンからピアノへ。あと久しぶりに雑誌買った[syrup16g]

スポンサーリンク

 8月末の土曜日。長男のエレクトーン教室(の付き添い)へ行きました。

 かんしゃくを起こさずに上手に出来ていました。先生の所へ行って1人で演奏を披露する時に、先生が曲の途中までで良いよっていうのに(途中までしか習ってない)最後まで演奏するぐらいでした。

 

f:id:fakeplastictrees:20140831232428j:plain

 辞めるのが決まってるから気楽に出来たのか、単なる気まぐれなのか、まぁどっちでも良いですけど。(ただ気楽にとらえてるだけです)この日が最後で9月からはピアノの個別レッスンに移行します

 鍵盤というか音楽自体が好きなみたいなので、続けられるように手助けしてあげたいですね。(できることは限られていますが)

 

 せっかく外出したので、本屋へ(こちらは宮脇書店ばかりです。朝日町の本店は屋上に観覧車もあるよ!)

 長男は、最近セミとか虫に興味あるのか無いのか分からないけど、とりあえず木のあるところ(保育園の園庭とか)へ行くと「セミ、いるかなー」→(鳴き声聞こえない)→「セミ、しんでるんちゃうん?」みたいに言ってます。(次男はセミが怖いみたいですw)

 その話はおいといて、今まで長男のために買ってた図鑑系は3歳児用のこんなのでした。しばらく前から新しいの買うつもりだったけどなかなか買ってませんでした。

3歳のえほん百科 (講談社の年齢で選ぶ知育絵本)

 そして本屋で図鑑を見てたら小学館のNEOに、DVDが付いててさらにその中にドラえもんが出てるってことで、数ある中からNEO一択になりました。

 NEOには、「動物」「花」「恐竜」「昆虫」の4種類あったけど一冊が2千円だから、、全部は無理ってことで一冊だけ選ばせました。まぁフリありますが、、

f:id:fakeplastictrees:20140831233819j:plain

 帰ってすぐにDVDをかじるつくようにみてた長男でした。|д゚)チラッ|д゚)チラッとしか僕は見てないけどバッタが跳躍するのを、超ローアングルな蟻ぐらいの視点から写してるのをスーパースローで撮ってたり、木などに擬態する虫があったり、、まぁ面白くないわけないですよね。

 そして図鑑のほうは、、やべー4歳児には早過ぎるのか。って思うぐらいの充実具合でした。でもこれを暗記するようなスーパーキッズも世の中にはいるんだよな、きっと。うちの子は飽きやすいからたぶん眺めるだけだと思うけど。

f:id:fakeplastictrees:20140831234426j:plain

 

★★★

 syrup16gの新譜は発売日に届かなかったけど、届いたその日にがっつり向き合って聴いてみたら、想像以上にピースが自分の中に嵌り込んじゃって。

 何度も何度も聴いているうちに、そのピースはもっと心に食い込んできました。そしてもっと知りたいって欲求が湧いてきて、音楽雑誌を久々に買いました。(何年ぶりだろ~)

f:id:fakeplastictrees:20140831235254j:plain

  「ロッキンオンジャパン」と「音楽と人」。MUSICAも欲しかったけど無かった(表紙がバンプらしいので、そりゃ売り切れるよね)

 どっちも五十嵐さんのインタビュー。表紙の扱いからしてジャパンの方が充実してるのかと思ったけど*1、僕が面白かったのは「音楽と人」の方です(あえて比べればですよ、どっちも良いですよ)より素に近い感じがしたし、ドラムの中畑さんの単独インタビュー(!)もありましたし。

 ただ漠然と、良いアルバムだなぁーだけじゃないんで何か傷跡をブログに残したいなぁって、色々思い描いてたんだけど、その妄想というか想像が予想以上に合ってる部分がインタビューに載ってたんです。読者登録してる人に読んでいただくには本当に申し訳ないけど、こんなブログでもバンド名(+α)で検索して読んでくれる人がいて、そんな人や知らない人にも僕が感じたことをなんとか伝えられないかと、模索中?思案中?、構想だけで終わるかもしれないけど、なんとか来月のライブまでには形にしたいなぁと。ぼんやりと思っています。今は思考を言語化できなくてはがゆい。いや「最高です」とかでも届くべき人にはもう届いてると思うですけどねー。

 (子育て)日記じゃない部分がだらだらとなってきたので辞めときますw

 

★★★★★★★

 

 読んでいただきありがとうございました。終わりです。

 

DVD付 新版 昆虫 (小学館の図鑑 NEO)

DVD付 新版 昆虫 (小学館の図鑑 NEO)

 

  

音楽と人 2014年 09月号 [雑誌]

音楽と人 2014年 09月号 [雑誌]

 
  •  

*1:15,000字インタビューっていうから期待しますよね。インタビュアーがちょっと喋り過ぎな気もする、、かな