読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

としやの Blog

単なる日記です。子どもたちが大きくなったら読み返す予定。

次男と父ちゃんイス[次男2歳]

スポンサーリンク

 食卓で次男が座るイス。大人用のイスにお食事クッションを足して使っています。

f:id:fakeplastictrees:20140818224600j:plainf:id:fakeplastictrees:20140818224604j:plain

 イスは元々は僕が座っていたんだけど、STOKKE(もどき)に座るのを嫌がってからこうしています。次男にとってはかなりの高さだけどヨイショ!っと難なく這い上がって座ることが出来ます。

ストッケ トリップトラップ ナチュラル

(↑これは本家のSTOKKE、お高いけど良いモノらしい) 

 

 食いしん坊の次男は夜ご飯の完成を待たずに食べ始めることもしばしば。勝手に座ってつまみ食いをして怒られることも度々。

 そして彼が半分ぐらい食べ終えたころが、僕が食べ始めるタイミングだったりします。でも食卓にやっとついた僕の横にちょこちょこと次男はやってくるのです。

「とーちゃ、こっちー」(次男)

 

f:id:fakeplastictrees:20140818224607j:plain

 自分の座っていたお食事クッションを自らめくって、続けて言ってくるのです。すこし前までは二語文すら喋らなかったのに。。

 

「とーちゃん、こっち、おっちん」(次男)

「ダメだよー。お父さんは今からご飯食べるんだから。」(僕)

「とーちゃん、こっち、おっちん」(次男)

・・・・・・ずっと言い続ける次男

 

 こうなったら根比べなんですが、なかなか強情なんです。うちの2号は。食べることを止めて事が進まなくなるので、いつも彼の言いなりになるのが常です。

 求められるがままに僕が椅子に座って、僕のヒザの上に彼が座ります。そうすると上機嫌になり食べるのを再開したりしなかったり、食べ物で遊び始めたり(コラー!)。

 

「もう~。父ちゃんはイスじゃないんだぞ~」(僕)

ついつい出る独り言でしたが、長男がフォローを入れてくれました。

「そうそう~。おとうさんはニンゲンなんやで~」(長男)

「へ~、人間って言葉知ってたの?」(僕)

 改めて長男(もう4歳)の意外な語彙の成長に、にんまりしている僕に次男が浴びせます。

 

「え~??ニンジン??」

 

 もぅ~!お父さんは、イスでもニンジンでもありません!!

 

★★★★★★★

 

 ん~、いまいち伝わらないかもしれませんが。僕にとっては可笑しくて微笑ましい食卓での出来事でした。読んでいただきありがとうございました。終わります。

 

高さが変わるお食事クッション ことり

高さが変わるお食事クッション ことり