読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

としやの Blog

単なる日記です。子どもたちが大きくなったら読み返す予定。

思い出したこと。ちょっとした再決意。

備忘録 家族

スポンサーリンク

 車で帰宅している途中に、ふと思い出しました。

 

 

 子育てではなるべく怒らない。 仮に叱るとしても、危険な場合である時とか、他人様に影響が及ぶ時だけにすること。

 そして夫婦のどちらかが叱っている時は、もう片方は叱りに加担することなく、子どもの逃げ道として子どもを受け入れること。

 

 こんなことを長男が生まれる頃に、夫婦でなんとなくだが話していたということ。

 

 でも最近は、長男が次男に対してイジワルをしたり、次男に向かってやたら「ダメダメ」と繰り返したり、4歳なのにイヤイヤ期みたいにグズったりするのを見て、すぐにカッとなり叱ることが多かったのです。

 

 そんな時ってこっちの負の感情が移るのか分からないけど、長男自体もますます(問題)行動を繰り返したり、グズったりするんですよね。もちろん全然叱らないってことは無理だと思うし、感情を抑えすぎるのもなんだか違うけど、なるべく以前に思ってたとおりの行動をもう一回してみよう、と思ったのです。

 

  そして帰宅して妻に「最近長男に怒ってばっかりだから、ちょっと改めようと思う」みたいなことを言いました。そしたら、本当にシンクロしてたかのように、妻も怒ってばかりで可哀想だし、否定的な言葉、言霊って言葉もあるぐらいだから、優しく接したら今日は素直に行動したよ~って報告。なんでしょ、この感じ。けっきょく僕は手のひらの上の孫悟空ぅ。

 

 

 この記事を書いてる時、iTunesで聴く曲を探してたら、ふと「SHERBET」に目が止まりました。

もしも誰かを愛したら
素直なその気持ちを その人に伝える
それがこの世界へ 生まれ落ちた理由だから

あぁ とまどいながら 話す言葉は 何よりもきれいさ

(SHERBET/「水」/アルバム「セキララ」より)

 どストレートな歌詞ですが、今の気持ちにすごく合いました。もともと好きな曲ですが、改めて感情が揺さぶられて、あぁ、音楽ってやっぱスゲェやって思ったり。

 

 ほんのちょっとした再決意。すぐに忘れるかもしれないけど、僕にとって家族は大切なもの。もうばらばらになるのは嫌なので、備忘録として。

 

読んでいただきありがとうございました。

 

セキララ

セキララ