としやの Blog

単なる日記です。子どもたちが大きくなったら読み返す予定。

しろとり動物園、訪問記[~2014年GW版~]

スポンサーリンク

 今年のゴールデンウィーク後半は3日から6日が休日でした。その初日は潮干狩りに、そして3日目からは雨の予報となっていたため、2日目である5月4日に「しろとり動物園」に行ってきました。

 

 

しろとり動物園

〒769-2702 香川県東かがわ市松原2111番地

f:id:fakeplastictrees:20140507225431j:plain
園内案内図(公式HPより)

 

 しろとり動物園は、県や市などの自治体による運営ではありません*1。敷地の面積こそ大きくはありませんが、動物たちとの距離がとても近く、触れることが出来る動物も多いため、展示が中心の動物園とは少し違います。個人的にはとても気に入っている動物園であり、何度も訪れている動物園はここだけです。*2

 動物の繁殖が上手いのかは詳しく知りませんが、園には動物の赤ちゃんが多く、春先などによくテレビなどで(「天才!志村どうぶつ園」などが有名でしょうか)取り上げられています。

 

 そして今回行った感想ですが、GW期間のため混雑してはいましたが、前回の訪問時から少し進化しつつも、独特のゆるさ(良い意味です)は健在でした。まぁあれです、要は子どもたちも大人たちも、はしゃいで楽しかったですよ、ってことです。

 

★★★★★★★

 以下はだいたい時系列順での日記になります。 

 

 連休中に一度は僕の両親(子どもたちにとってはじぃじとばぁばですね)の元へと子どもたちを連れて行くわ~って宣言してたので、前もって2人を動物園に誘っていたところ、出発時に僕の姉妹も同行するとのこと。予想以上に大人数での行動となりました。GW期間中なので混んでいるのは覚悟で開園時間である9時に到着するように出発したところ、想像以上に混んでいました。なんとか園に併設されている駐車場に滑り込んだものの、既に行列ができていました。*3

f:id:fakeplastictrees:20140504094552j:plain

  この日は並んでから入場するまでに45分ほどかかりました。

f:id:fakeplastictrees:20140504094708j:plain

  動物との距離がとても近い動物園ですので、動物園のルールがあります。

 

 

f:id:fakeplastictrees:20140504094847j:plain

  入園してすぐには、白い鳥(オウム?「しろとり」ですね)がお出迎えしてくれました。気性が激しいのか「ギャー」って叫んでいましたよ(笑)

f:id:fakeplastictrees:20140504095108j:plain

 ふと横をみると、クジャクが放し飼いで塀の上を歩いていました。(ちょっと見辛いけど写真の中央。このゆるさがたまりません。)

  鳥の周りには電動の汽車があったので、男性陣総出で乗り込みました。(もうすでにテンション上がっていますね、苦笑)

f:id:fakeplastictrees:20140504095337j:plain

 

 なぜだか、子猿と豚が一緒に展示されていて、エサをめぐってのバトル中でした(笑)

f:id:fakeplastictrees:20140504094937j:plain

f:id:fakeplastictrees:20140504095003j:plain

 次男はお猿さんに興味津々なようで、よ~く見ていました。

 

 少し進むと、赤ちゃんライオンとの撮影会が始まっていました(この日は人出が多いため、1回当り30組限定でした。ふだんの日曜日などは普通に撮影は大丈夫だと思います。)今回は残念ながら抱っこできませんでした。

f:id:fakeplastictrees:20140504095731j:plain

f:id:fakeplastictrees:20140504095848j:plain

  赤ちゃんライオン、かわいい。

 

 園内ではバケツでごはん(りんご、みかん、ニンジン、キャベツ、ダイコンなど)が500円(別料金)で売られていて、動物にあげることが出来ます。さっそくアフリカゾウのところへ。

f:id:fakeplastictrees:20140504100850j:plain

f:id:fakeplastictrees:20140504100957j:plain

  この距離であげられるのです。鼻にさわれます。次男は物怖じせずに、やる気満々でした。アフリカゾウのパトラちゃんは落ちたエサでさえ鼻で器用に拾って食べていました。

f:id:fakeplastictrees:20140504101253j:plain

  すぐ横にいたお馬さんは、すでにお腹いっぱいなのか、あまり食べてくれませんでした。

 

 長男は、少しだけですが乗馬に挑戦しました。小さい馬300円。大きい馬500円だったかな。これは小さい馬(ロバ?)です。

f:id:fakeplastictrees:20140504101553j:plain

 

 これはなんだろう?って近づいたら。

f:id:fakeplastictrees:20140504101759j:plain

f:id:fakeplastictrees:20140504101806j:plain

 アルマジロでした!普通の作業用水槽みたいなのに入れられていました。

f:id:fakeplastictrees:20140504101811j:plain

  その横ではヘビ(ニシキヘビ?)とワシ(だったかな?)もいて、飼育員の人は首にヘビを巻いて、腕はワシを止まらせて鷹匠みたいになっていました。

 

 子どもたちはモルモットとウサギのいるゾーンで、はしゃいでいました。

f:id:fakeplastictrees:20140504102046j:plain

f:id:fakeplastictrees:20140504102219j:plain

f:id:fakeplastictrees:20140504102627j:plain

 

 普通にそのあたりにいるのは、リクガメ。

f:id:fakeplastictrees:20140504103015j:plain

f:id:fakeplastictrees:20140504103022j:plain

 

 入り口から100メートルぐらいですかねぇ。ここまで進むのに小一時間が過ぎていました。普通の動物園のように展示を見るのも良いですが、動物たちとふれあうのが楽しいのです。すこし暑かったので休憩することにしたら、そこには動物園共演者のサインがありました。

f:id:fakeplastictrees:20140504104209j:plain

f:id:fakeplastictrees:20140504104214j:plain

f:id:fakeplastictrees:20140504104236j:plain

  なかなか味のあるイラストを書かれているのは誰かと思ったら、ムツゴロウさんでした。(ちょっと反射してしまったけど、園の入口で撮った写真もありました。)

 

 ライオンさんは、、夜行性ですよね?寝ていました。ぐてーん。

f:id:fakeplastictrees:20140504104621j:plain

 

 第2ステージの方へと向かっているとちょうど、犬の学習発表会(この時はトイプードルでした)が開演されましたので観ました。

f:id:fakeplastictrees:20140504110957j:plain

f:id:fakeplastictrees:20140504111204j:plain

 障害物をジャンプしたり、後ろ足で上手に歩いたり。(こういうゆるさが好きで、たまりません。)時間によっては、違う犬種や猿の発表会も見れると思います。

 

  奥の方へと進むと動物園の目玉であるホワイトタイガーや普通のトラが。

f:id:fakeplastictrees:20140504111429j:plain

  アドベンチャーワールドではこれでもかというぐらいパンダが居ますが、ここでは白色と普通の黄色も含めて本当に多くのトラが飼育されています。

f:id:fakeplastictrees:20140504111655j:plain

f:id:fakeplastictrees:20140504111718j:plain

以前来た時(2010年)に一緒に記念撮影させてもらった子は、たぶんロッキー君です。

f:id:fakeplastictrees:20140504111730j:plain

f:id:fakeplastictrees:20140504111747j:plain

f:id:fakeplastictrees:20140504111803j:plain

f:id:fakeplastictrees:20140504111809j:plain

f:id:fakeplastictrees:20140504111815j:plain

f:id:fakeplastictrees:20140504111930j:plain

f:id:fakeplastictrees:20140504111946j:plain f:id:fakeplastictrees:20140504104402j:plain

 こうやって見ると圧巻ですね。

 

カピバラさんには、双子ちゃんが生まれていて家族が増えていました。

f:id:fakeplastictrees:20140504112533j:plain

f:id:fakeplastictrees:20140504112554j:plain

 

 今回は立ち寄らなかったですが、園内にはペットショップがあるので、いろんなワンちゃん達にも会えます。

 他の動物園のように広大な敷地で多くの種類の動物たちが展示されているわけではありませんが、動物たちとの距離が近く今回もとても楽しかったです。一緒に行った僕の姉妹も思ってたよりも良かったと言ってたので嬉しかったです。

 以前はお世辞にも綺麗な環境とは言えなかった動物園でしたが、前回来た時よりも綺麗に、そして少しずつですが施設が改良されていると思いました。

 

 それと園長と父が知人らしくて話をしたみたいなんですが、その内容が将来的に楽しみな計画でした。明かされてるのか公然の秘密なのかは知らないのですが、その計画が出来た時にはまた行ってみたいと思います。 

 

 

 個人的な日記ですが、読んでいただきありがとうございました。 

  

  

 

*1:株式会社白鳥どうぶつ園による運営

*2:もちろん同園が近くにあるということもありますが、僕が子どもの時も含めて7,8回は行ったと思います。動物園マニアではないですが、愛媛のとべ動物園、とくしま動物園、北海道の旭山動物園、和歌山のアドベンチャーワールドなどには行ったことがあります。

*3:ふだんは行列なんてありません。この日は山のふもとを超えて渋滞したらしくて、山の下の臨時駐車場から歩いて向かった人も多かったようです。