読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

としやの Blog

単なる日記です。子どもたちが大きくなったら読み返す予定。

(ほぼ)プライベートビーチでの潮干狩りは至福の時間でした

スポンサーリンク

 ゴールデンウィーク後半の初日に、妻の同僚さん家族にお誘いを受けまして、家族で潮干狩りに行って来ました。

f:id:fakeplastictrees:20140505155001j:plain

 

 となりの市にあるちいさな半島の海岸での潮干狩りです。僕自身はインドア派で、妻や子どもたちがいなければ、こういった外での活動をほとんどしないタイプ。実際に今回の潮干狩りは小学校以来ぐらいだと思います。(した記憶がほとんど無いくらいです)

f:id:fakeplastictrees:20140505155615j:plain

 

 潮干狩りの結果は。。行く前は正直ほとんど取れないかもと思っていたんですが、夕食1食分くらいにはなりました。そして潮干狩り自体も予想以上に楽しくて、タイトルどおりに至福の時間でした。

 

 ★★★★★★★

 以下はだいたい時系列順です。 

 

  その海岸への道はとても狭く、車の対向が出来ないのはもちろんのこと、場所によっては白色の外側線を踏まなければ通れないぐらいでした。

f:id:fakeplastictrees:20140505161238j:plain

 これは海岸付近から撮った道で、これでもまだマシなぐらいの道幅でした。

 

 広い県道から狭い狭い道を5分ほど車を走らせて、着いたのは小さくも防波堤の整備されたきれいな海岸でした。駐車場、なにそれ?な感じの場所で、ほんの少しの路肩を利用して車を停めました。そんな場所だからかは分かりませんが(初めての場所ですしね)先客も無く、(ほぼ)プライベートビーチな海岸でした。こんな場所があるのか!と思ったぐらい。

f:id:fakeplastictrees:20140505161435j:plain

f:id:fakeplastictrees:20140505161442j:plain

f:id:fakeplastictrees:20140505161452j:plain

 天気は快晴、風も少し吹き、気温は少しだけ暑かった。海辺の空気も夏のねっとりとしたネバさのようなものもなく、サラリとした気持ちのよいものでした。最高です。

 潮干狩りの先輩様に連れられて、砂浜を抜けて岩場のほうへと進みました。そこは砂浜というよりは小石がたくさんある場所でした。

f:id:fakeplastictrees:20140505162729j:plain

 干潮時間の少し前に着いたので、最初は岩場ばかりで砂の部分は少なめでした。それでも少しの砂の部分を掘っていると、、、ありました。アサリ!

f:id:fakeplastictrees:20140505163351j:plain

 いやー。意外や意外、楽しいんですよ。潮干狩り。一番最初にアサリを見つけた時はとっても嬉しかった。その後も潮が引くのにつれ場所を変えながら2時間以上掘り続けました。見つけた!と思ったらそれは貝ガラだったりしてガッカリもしながらも夕方になるまで続けたのです。

 

 

 1歳の次男は掘れないので水辺から少し離れて砂遊びをしていました。いつも砂場で遊んでるのかスコップを持つ手もお手の物のように見えました。

f:id:fakeplastictrees:20140505164924j:plain

f:id:fakeplastictrees:20140505165026j:plain

  それでも飽きてきたら、みんなの近くにやってくるのですが、波を怖がることなくガシガシとお構いなしに海へと突っ込んでいきます(笑)

f:id:fakeplastictrees:20140505165158j:plain

 親が静止しないと、風呂にでも入るかのごとく海の方へと。何度か滑って転んでしまっていましたが、グズることもなく楽しんでいるようで良かった。

 

 

 長男は始めのころ、アサリに触るのさえ躊躇するほど、ビビっていて熊手越しにしか触れなかったのが、そのうち触れるようになり、最後の方には自分で探し出すことが出来るようになっていました。

f:id:fakeplastictrees:20140505165809j:plain

f:id:fakeplastictrees:20140505170128j:plain

 

 ひたすら掘って掘って、小さな岩をどけたり、小さなカニにもはしゃいだり。たまに通る船に向かって叫んだり(もちろん子どもたちが、ですよ)。

f:id:fakeplastictrees:20140505170302j:plain

f:id:fakeplastictrees:20140505170309j:plain

 

★★★★★★★

 

 結果は小さいバケツに半分ほど。始めに期待した以上の成果です。

f:id:fakeplastictrees:20140505170347j:plain

 この貝たちは翌日の夕食にてクラムチャウダーになって、美味しくいただきました。

 

  冒頭に書いたとおり、穴場的なプライベートビーチ状態での潮干狩りはとても楽しいものでした。子どもたちも楽しんで、それ以上に親たちが夢中になるほどでした。アサリなんてスーパーで買えば数百円で買えるものですが、成果の何十倍も楽しいものでした。観光地のどこに行っても人の多いGWですが、このような素敵なことに誘ってくれた妻の同僚さんにとても感謝です!

 

 

 そしてこの翌日は僕の中のキングオブ動物園、しろとり動物園に行きました。その話もまた書くつもりです。

 

 

 個人的な日記ですが、読んでいただきありがとうございました。 

 

今週のお題ゴールデンウィーク2014」