としやの Blog

単なる日記です。子どもたちが大きくなったら読み返す予定。

逆さ言葉[長男、4歳]

スポンサーリンク

 長男がたまに思い出したように逆さ言葉を使います。昔の業界人っぽい感じではないです。(ザギンでシースーとかではない)

 僕が言った言葉や目についたモノの単語を逆さまから言うのです。きっかけは、大阪の義母に買ってもらった本「どうぶつなぞなぞ」のなかにあった”なぞなぞ”だと思います。(たぶん)

 

 

 収録されているなぞなぞのなかにこんなのがあります。

(もんだい)
庭(にわ)でさかだちしているどうぶつは?
(答えは「ワニ」)

 

(もんだい)
貝がきらいでたべられないどうやったらたべられるようになる?
(答えは「さかさまにする」さかさまにすると「イカ」になるから)

 

 こんなのをみててどこか頭に残っていて言い出したのじゃないかと。。 

 

 

 「バナナはねー、ナナバ!」 

 「うん、ナナバだねぇ」

 

  コップを見ては、

 「プッコ!

 「うん。。(なんかお菓子みたいになった、、)」

 

 

 洗い物をしている僕の横で、

 「イジョ!

 (食器洗い洗剤のジョイですね)

 

 

 「お皿はー、、らさお!

 「うん、らさおだね~(うわぁ。わさお*1っぽい。。)」

 

 

 

  長男になぜ逆さ言葉を言うのかと何度聞いても

 「えーだって、おもしろいから!」

 

 

 

 「あ!ダンゴムシはねー。。シムゴンダ!んふふ~おもしろーい」

 「(絶句)」 

 

 

 「トマトは逆さでも?」

 「ん、トマト、、マトマ!! 

 「(あ、ルール変わってる・・・)」

 

 

「おとうさん!お茶は、ねぇ、、、ちゃお!!!

「(ちゃおって、、)あ!どっかの国の挨拶やんか!*2

 

我が家は平和なようで何よりです。こちらからは以上です。

 

 

*1:ブサのお犬さま。わさお - Google 検索

*2:妻に訊きました。イタリアの挨拶ですね