としやの Blog

単なる日記です。子どもたちが大きくなったら読み返す予定。

沖縄旅行記 -2- 「琉球村、万座毛」

スポンサーリンク

 沖縄旅行記-1-では、「出発から道の駅かでな」までを記しました。

 

 道の駅かでなを発って次に向かったのは、琉球村です。琉球村はちょっとしたテーマパークといったところでした。沖縄の伝統的な家屋を移築したものや、ハブの資料館などがありました。

f:id:fakeplastictrees:20140413175759j:plain

 

 

 完全に観光施設ですね。行ったのは平日の昼間だったのですが、けっこうな人出で驚きました。地方の施設で平日の昼間って閑散としたイメージだったもので。

 

 施設に入ってすぐは、お土産や伝統衣装体験などのお店が立ち並ぶエリアでした。 

f:id:fakeplastictrees:20140413175738j:plain

 

 

 お店のエリアを抜けてから先は入場料の必要な施設です。琉球村のキャラクターが迎えてくれていました。

f:id:fakeplastictrees:20140413175732j:plain

f:id:fakeplastictrees:20140413175713j:plain

 

 

 入ってすぐには宮廷風の建物。 

f:id:fakeplastictrees:20140413175659j:plain

 

 

 そこらかしこに昔の民家を移築したものがありました。

f:id:fakeplastictrees:20140413175648j:plain

f:id:fakeplastictrees:20140413175630j:plain

 

 

 途中にはなぜか、ツリーハウスが。。たぶんこんな生活してなかったと思うんですが、琉球王朝って。

 

f:id:fakeplastictrees:20140413175619j:plain

 

 

 順路を進むとちょうど、芸能ショーの最中でした。あとでガイドさんに訊いた話ですが、沖縄音楽では「ドレミファソラシド」の「レ」と「ラ」を抜いた音階が使われていて、それが沖縄音楽らしさの一端ではないかと。

f:id:fakeplastictrees:20140413175613j:plain

 

 ショーの最後にはお客さんも混じっての総踊り状態でした。子守りをしてたので輪には入ってないです。最初は恥ずかしながら踊ってた人ばかりだったのが、最後の方にはとても楽しそうに踊りきってる感じがしました。f:id:fakeplastictrees:20140413175527j:plain

 

 

 途中には、民族衣装や沖縄の獅子舞などの展示もありました。

f:id:fakeplastictrees:20140413175503j:plain

f:id:fakeplastictrees:20140413175512j:plain

 

 

 今は機械化されていると思いますが、牛が石臼をまわしてサトウキビをすり潰す作業もされていました。この牛が人慣れしてるのかとても可愛らしく撫でられたりしていました。

f:id:fakeplastictrees:20140413175449j:plain

 

☆☆☆☆☆☆☆

 

 次に向かったのは、万座毛です。万座毛では海岸絶壁の上に整備された遊歩道をぐるり一周しました。 万座毛とは琉球王朝の王が、崖の上の草地を一万人が座れる原っぱだと評したことから名付けられたとのことです。

 

f:id:fakeplastictrees:20140413175414j:plain

 

 海岸の絶壁といえば東尋坊が有名ですが、ここはガイドさんによると東尋坊のミニ版のようなものだそうです。

 

f:id:fakeplastictrees:20140413175312j:plain

  あとで知ったのですが、この岩は象の鼻の形だそうです。そう言われればそう見えますね。

 

 行ったのは夕方でしたが日の入りにはまだ早く、残念ながら夕焼けは見れませんでした。晴れた日の夕方にはきっときれいな夕日が見れるところだと思います。

 

f:id:fakeplastictrees:20140413175333j:plain

 

 万座毛の途中、岬の中央あたりで見かけたのはなんと、ウェディングドレスとタキシードのようなものを着たカップル2組といかにもプロカメラマンな方。横を通るとどうやら中国語をしゃべっていたみたいでした。これは中国や台湾の方が沖縄にリゾートウェディングに来られていたのではないかということ。日本人がグアムやハワイに行くようなものですかね。ばっちりポーズを取られて写真を撮っていました。

 

☆☆☆☆☆☆☆

 

  その後は、ホテルに向かってやっと一息。部屋は海を望む部屋でした。

f:id:fakeplastictrees:20140413175241j:plain

 

 

[おまけ]

ホテルの売店で見かけた沖縄限定ラベルのボンカレー

f:id:fakeplastictrees:20140413175043j:plain

昔は街角の看板で、大村崑のオロナミンCか、このボンカレーをよく見たような記憶が。懐かしい。。

 

 

一日目はこんな感じでした。また二日目もそのうち。

 

(追記)

続きを書きました。