としやの Blog

単なる日記です。子どもたちが大きくなったら読み返す予定。

ある日のyoutube動画の変遷。[音楽]

スポンサーリンク

ごく個人的な備忘録。

 

僕はスパルタローカルズが元々好きなので、安部コウセイ関連で次の動画を見ていました。(フジファブリックも好きです。)やっぱりコウセイの声が大好き。


FUJI FUJI FUJI Q 虹/安部コウセイ(HINTO) - YouTube

 

そこから、同じく原曲はフジファブリックで、Bank Bandに。


Bank Band 若者のすべて(LIVE) - YouTube

 

次はBankBand関連で、Coccoに。トークも歌もCoccoって感じ。ゾクゾクする。


強く儚い者たち - Cocco with Bank Band LIVE - YouTube

 

またまたap bank fes関連で、尾崎豊に。大切なモノをすごく丁寧に歌ってる感じがした。


僕が僕であるために - Mr.Children - ap bank fes 10 LIVE - YouTube

 

そしてオリジナルの尾崎豊に。やっぱりライブというものは何か訴えてくるものがある。


尾崎豊 僕が僕であるために(87年 有明コロシアム) - YouTube

 

中学時代にはあまりハマらなかった遠い記憶。だけど今聴くと、深夜のテンションにリンクしたのかどうかはわからないんだけど、すごくしみてきたんです。

そして安易にも死を意識してしまった。今現在は幸いにも体の不調や持病も無く、ふだん死を意識することなんかは無いんだけど。家族のこととかイロイロ、頭の中ぐるぐるし始めて、なんかとても書ききれない感じで。

ただまだ死ねねぇなぁ、生きていたいって感じた。って話。

 

音楽って偉大なんだね。