読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

としやの Blog

単なる日記です。子どもたちが大きくなったら読み返す予定。

[ライブレポート]SAKANAQUARIUM2014 "SAKANATRIBE" @サンポートホール高松 (大ホール) (2014/02/02)

音楽 音楽-サカナクション

スポンサーリンク

 

 サカナクションのライブに行ってきた。去年の4月に高知で観た以来の2度目。

 

f:id:fakeplastictrees:20140204140216j:plain

 

 その時はアルバム「sakanaction」を引っさげてのツアーだったから、アルバム曲を中心に構成されてた。今回はシングルの発売はあったが、アルバム縛りが無いからどんな曲を演るのかと、とても楽しみだった。

 

 サンポートホールはだいぶ前にスカパラを観てから来てない。今回は残念ながら3階席だったからメンバーの表情なんかは全然わからなかった。遠いなぁ。しかも見下ろす感じだからそれも違和感ありまくり。普通は見上げることが多いし。他の会場も完売してるから、観れるだけありがたいけどね。

 

f:id:fakeplastictrees:20140203224551j:plain

 

 

 開演予定を5分くらい過ぎた頃、照明が暗転した。そう始まった。聴いたことはあるけど、曲名は分からないやつだった、後で調べたけど最初の曲は「サンプル」だった。サカナクションのライブは間々(というか区切った時の始まる曲とか)で、アレンジをかなり踊れる仕様にしてかつ長ーい曲になるんだ。一瞬正直ダレる時もあるけど、ここで踊れたら勝ちな感じ。今回は気持ちよく踊れたよ。あと後ろの席だったからちょっとだけ音像がはっきりしないかもって思った。でも、いい音でした。高知の時は大きな倉庫みたいな会場だったから、なんか音圧はあるんだけど、ちょっと音ははっきりしない感じだったかな(たぶん、思い出す限りの印象だけど)

 

 かなり踊って会場も盛り上がってきたと思ったら、2曲目はいきなり「アルクアラウンド」!って突っ切るつもりか。ってちょっとニヤけた。ここからはCD収録に近い感じで聴かせてくれます(もちろん、踊ってるよ)。「セントレイ」「表参道26時」「klee」ってマジか。楽しい~。って思ってたらしっとりした曲調になって”誰かを笑う人の後ろにもそれを笑う人~”!!「エンドレス」だ!*1

 んでそういえば一番新しいアルバムからは一曲もしていないなぁ~って思ってた。その後もMCもほとんどなく、本編が続いて(古めの曲を中心に)、すごく楽しくて踊りまくっていた。

 

 本編の最後のほう、「モノクロトウキョー」「夜の踊り子」(やっと最近のアルバムからだ)「アイデンティティ」「ルーキー」と怒涛のダンスタイム。ほんと楽しかった。後でMCでも言ってたけどアルバムツアーと違ってアルバムの曲に縛られないので昔の曲を中心にしたセットリストだった。(中盤では流線からの流れで新曲「ユリイカ」も演ってたけど)正直もう終わりってぐらい短く感じたけど本編が終わった。

 

 会場の暗転が続いてアンコールで始まったのは「Ame(B)」。って言ってもやっぱり踊れる仕様の超アレンジされたやつ。そういえば、本編はほぼバンドスタイルで、例のマックを前に5人が立つ編成はなかった。この曲はDJブースみたいなところに並んで始まった。そのブースはちょっと前面が円形にカーブしてて、そこにLEDが敷き詰められてて、そこがディスプレイみたいに幾何学的な模様も演出されてた。もちろん、お決まりのレーザーの演出もあった。(書いてなかったけど本編でもあった)。踊れる空間が続いてて、ベースの草刈姐さんだけに楽器がスタッフから渡された。外のメンバーはそのままだった。 そして続いたのは「ミュージック」!あぁこの曲も好きなんだよな。途中照明が落ちて、DJブースからバンドスタイルに戻って、またまた続いたのは「Aoi」。これも盛り上がった。この辺りは踊るというより頭をぶんぶん振ってたと思う(隣の人、ごめん)

 

 

 そして、やっとMC。アルバムツアーじゃないから昔の曲をたくさんやってるって。都会の人とはまた違った感じで踊るから、なんかイイね。みたいな。都会の人は踊り慣れてるから、なんとか。あと普段から音楽人口を増やそうとまじめに思ってる一郎さんらしく、音楽が鳴るアンプや音響、照明の人の説明というか紹介とか、ミニ授業が始まった、笑。あと、ネタの自虐を混ぜたウロコグッズの紹介をしてた。トートバッグに入ったグッズを1個ずつ紹介するんだけど、紹介し終わる度にいちいち、「どやさ!」*2って言いながら肩にかけていってたよ。(笑)

 あと、昨日広島から着いて、「鶴丸*3でうどんを食べたこととか言ってた。姐さんに至っては去年うどんツアーに来てて、直島観光*4にも行ってたって。あと、香川で食べるの何が良い?みたいなの訊いてた。客が「一鶴」(骨付鳥の店)のこと薦めてたけど、途中まで「いっかくどり」って種類の鶏がいるのかみたいに話が食い違っていたかな。

 

 そして「ぼくたち、わたしたち、サカナクションをよろしくお願いします」みたいに(いつもの真面目か!って思った)言ってた。最後の曲はやっぱり「グッドバイ」だった。

 

 正直もっと踊って観ていたいと思ったライブだった。時間は2時間半は十分に過ぎてたけど、全然そんな感じはしなくて、短く感じた。とてもとても良いライブだった。楽しかったなぁ。「エンドレス」をしてくれるのだったら「目が明く藍色」も聴きたかったなぁ、とか妻とも話した。日常からのギャップが大きすぎたけど、独身時代はもっとライブ行ってたんだよなぁ。次いつ行けるだろう。「HINTO」とか来てくれないかなぁって妻も言ってた。多分来ないよってつれない返事しちゃったけど、やっぱり来て欲しいのが本音。あと、音はやっぱりホールだけあって良かったと思う。後ろの席の割にはだけど。スカパラの時は確か1階席だったから、もっと良かったような気がする。

 

 結局、楽しかった。踊った。ってしか書いてないね。(笑)

 でもやっぱりライブっていいなぁ。もっともっと観たい。

 

(ライブレポートみたいなのって)

 10年以上前に、若気の勢いで書いたブランキーのラストツアーの時、以来だと思う。 今思えば、SPARTALOCALSとかsyrup16gのライブ(解散時の武道館なんか)とか、いろいろ節目のやつを書いておけばよかったなぁって思う。それにしてもうまく文字に起こせないなぁ。音楽としてサカナクションはすごく好きなのは間違いないんだけど、バンドやメンバーの存在も含めてすごく大切だった前述のバンドの記憶が薄れていくのが、怖いような気もするし、でもそれもしょうがないとも思う自分も居たりして、もやもやするんだけど。

 

(感謝します)

 今回チケットを手配してくれた妹。うちのちび男子ども(3歳アンド1歳、モンスターになりつつある)をみてくれた実家の母と姉。すごく久しぶりに妻とデートらしき日が過ごせた。感謝です。ほんとクタクタになるまで面倒見てくれたみたいで、すごく悪いなぁって思った。

 

(セットリストについて) 

 今回はところどころあまり聴いてない曲とかもあったのでセットリストは下のリンク先で見せてもらって、そういえばこんな感じだったなぁって 思い出しながら書いた。

サカナクション@サンポートホール高松 (香川県) (2014.02.02 ) | ライブ・セットリスト情報サイト【 Live Fans (ライブ・ファンズ) 】

 こんなサイトがあるのを今まで知らなくて、ちょっとした浦島太郎な気分だった。 

 

 

 

CDだけじゃ得られない体験なんで是非。

 

 

 今のところ、最新のシングル。

 

 

*1:俺も好きだけど、長男(3歳)がPVを観て「お目々のやつ~」って言ってた事思い出した。

*2:今くるよ師匠のネタ、中川家礼二もしてるっけ。一郎さんの中で流行ってるのかも。(笑)

*3:夜遅くまで開いているうどん屋さん

*4:たぶん瀬戸内芸術祭とかベネッセの美術館とか