読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

としやの Blog

単なる日記です。子どもたちが大きくなったら読み返す予定。

風船遊び

家族 家族-三男

ついこの前歩き始めたと思ったら、この時期の成長はさすがに速い。

油断できないなぁ。

 

 

toshiyanoさん(@toshiyano)が投稿した動画 -

 

 

たぶん三男がこうなるのも時間の問題。

f:id:fakeplastictrees:20161219232541g:plain

(ちょっと前の長男と次男)

さすが(やっぱり)男の子だ。

 

風船パックPARTY100 風船

風船パックPARTY100 風船

 

 

三男、歩く

家族 家族-三男

三男が歩いた!(伝え歩きじゃない!)

長男、次男のときの記憶もあやしくなってきたせいか、3人目でも新鮮だし、やっぱり嬉しいです。

 

 

toshiyanoさん(@toshiyano)が投稿した動画 -

 

めっちゃ足短いなぁ。。座布団のこと分かってて飛び込んでるなぁ。

 

f:id:fakeplastictrees:20161219225352j:plain

多くのことを望めば、キリがないのはわかってるつもり。

健康に育ってくれればいいかなぁ。

 

長男、ピアノ発表会

家族 家族-長男
なんとか続いている長男(6歳)のピアノですが、今年も発表会がありました。

f:id:fakeplastictrees:20160417233437j:plain

少しは向いているのか、早々に与えられた課題曲は次の回までに大まかには弾けるようになってました。彼の性格と本番までの日が長くて飽きたこともあってか、あまり練習をちゃんとしたように見えませんでした。
よく弾いてたのは課題曲じゃなく、ヤマハ音楽教室のCM曲(ドレミファソ~ラファ、ミ、レ、ドってやつ)とか、ぶんぶんぶん(はちがとぶ)とか関係ない曲。
気が向いて弾いたってときでも、原曲と違う鍵盤にずらして(移調っていうらしい)面白がっていました。コンクールじゃないし親が気張らなくていいのは分かっているけど、移調したのばっかり弾いて本番できるのかなぁって、勝手にヤキモキしてました。
 
そこまで大きくはないけど、ミューズホールっていう立派なホールが会場です。出番は早々でしたが、それでも間を持たすために次男(3歳)には”てれびくん”(ジュウオウジャーがたっぷり掲載)を与えていました。

f:id:fakeplastictrees:20160417233704j:plain

僕は背中に乗せた三男(1歳)をゆらゆらさせながら、ビデオカメラと携帯で勇姿を撮るべく、おとうさんしてました。
 
そして本番は、今まで聴いたなかで1番の出来。
 

ピアノ発表会 手ブレがひどいのは三男をおんぶしてるから。 #長男

toshiyanoさん(@toshiyano)が投稿した動画 -

 
よくがんばりました。6歳の息子がずいぶん遠くへ行ってしまったような気さえします。去年も本番に強かったような。。ぜんぜん緊張しなかった、ですってー。
 
会場では次男と三男の間が持たなくなってきたので早々とロビーで待たせてもらいました。ロビーでは、去年の長男の衣装を着た次男が、なぜだか自らポージングをとり、写真を撮れと要望。
f:id:fakeplastictrees:20160417233842j:plain
なんですか、その”ゴー☆ジャス”な感じは(笑)
 
最後の記念撮影までは、外出時特別許可の”太鼓の達人”で時間つぶし。
f:id:fakeplastictrees:20160417233929j:plain
 
ほとんどが長男よりも学年が上のお子さんたちで、課題曲も難しく演奏も上手だったそうです。

f:id:fakeplastictrees:20160417234009j:plain

女の子がやはり多いですが、中には中学生ぐらいの男の子が難しい曲を弾いてて、とてもかっこ良かったみたい。うちの子もそれぐらい続けられればいいねと、妻と話しながら帰路につきました。

f:id:fakeplastictrees:20160417234229j:plain

 

三男、こども園の入園式

家族 家族-三男
先週末の長男入学式に続いて、今週は三男の入園式に行ってきました。
三男がお世話になるこども園も、上の子たちといっしょになりました。
 
実は先週からならし保育(1時間)も始まってたり、次男はふつうに通常保育だったり、保護者会の役員会もあったりと、、通い慣れているほうでした。
こども園の入園式なので、0歳児から5歳児まで幅広いお子さんが参加されます。
来賓の方とかいらしたりしても、そこまで堅苦しい式ではありませんでした。
それでもほとんどの子が静かに臨んでいました。
緊張もあったのかもしれません。
 
うちの三男は先月1歳になったばかりで、ほぼ0歳児のようなものです。
彼は歌が大好きで、例えばEテレの「いないいないばぁ」のオープニングを聴くとほぼ踊り始めます。
手を握ってツイストをするように、体を左右に振って踊ります。
またお返事「はーい」も得意です。
自分が呼ばれてもあまりしないのに、上の子を呼んだらなぜか彼がご機嫌で応えてくれます。
 
書き方で想像できると思いますが、うちの子だけ元気でした。絶好調でした。
在園児のお歌でご機嫌になったり、園長先生から在園児への問いかけに自分も「はーい」と応えたり、自由に動きたくなって逃亡を図ったり。

f:id:fakeplastictrees:20160415230305j:plain

お騒がせいたしました。
長い間お世話になると思いますが、よろしくお願いいたします。
 

長男、小学校の入学式。

家族 家族-長男
先週末、3人の子どもたちが順番に嘔吐に襲われるという状況の中、なんとか主役の体調を確保して、長男の入学式に夫婦で行ってきました。

f:id:fakeplastictrees:20160413232347j:plain

昨年、僕の生家に戻ってきたわが家ですけど、小学校の統廃合が数年前にあって、長男が入学したのは僕の母校とは違う名前になっていました。
それ自体は個人的にこだわることではないですが、第一子が小学校入学まで至ったというのは、いよいよ自分も歳をとったものだなぁと改めて思いました。
 
修了式と違って割りと淡々と見させていただきました。
やっぱり高学年のお兄さんお姉さんは大きいなぁとか、国歌や校歌を想像以上に上手に歌ってるなぁとか、統廃合で当たり前だけど校歌変わってるなぁとか、うちと同じく夫婦で参加されてる方も思ってたより多いなぁとか、校長先生や来賓の方からの祝辞がこども園の時よりも少しだけ難しい言葉だけどちゃんと聞いてるのかなぁとか、、
 
同じ子ども園のお友だちもいますが半分以上は新しいご学友です。
性格もあるかもしれないけど、本人にとって今のところ友達がどうこうって悩みはなさそう。
f:id:fakeplastictrees:20160413232411j:plain
それよりも片道30分はかかる徒歩での通学が小さな彼には苦痛かもしれないし、今月から妻も仕事復帰するので学童保育で過ごす時間も増えしばらくは大変かもしれません。
慣れない環境にしばらく苦労するかもしれませんが、なんとか乗り越えていってくれれば、と思います。
まぁでもあっという間に成長していくようなものだとも思うんですけど、さて。

f:id:fakeplastictrees:20160413232431j:plain